ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

2017年5月プレスリリース

2017年5月17日発表

レンジフリーコントローラ「FA-M3V」シリーズ用
シミュレーションソフトウエア「Virtual-M3」を発売
~リアルなデバッグ環境をPC上に構築し、開発効率の向上を支援~

レンジフリーコントローラ「FA-M3V」奥は、シミュレーションソフトウエア「Virtual-M3」

レンジフリーコントローラ「FA-M3V」
奥は、シミュレーションソフトウエア「Virtual-M3」

横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、当社のレンジフリーコントローラ「FA-M3V(エフエー エムスリーブイ)」のデバッグ作業用に、シミュレーションソフトウエア「Virtual-M3(バーチャル エムスリー)」を開発、本日から発売しますのでお知らせします。「Virtual-M3」により、アプリケーション制御プログラムの開発工程において、「FA-M3V」の実機や、駆動装置(アクチュエータ)などの制御対象機器を用いずに、PC上で「FA-M3V」の制御プログラムのデバッグ作業を行うことができます。

開発の背景

当社のレンジフリーコントローラ「FA-M3V」は、プログラマブルコントローラ(PLC)に分類される製品で、電子部品・電子機器組み立て装置や半導体製造装置などの高機能組み込みコントローラとして使用されます。

装置メーカは、ユーザの生産効率向上のニーズに対応するため、装置の高機能化を追求しています。装置に組み込む制御対象機器やセンサが増えるため、それらを制御するPLCの制御プログラムが複雑になっています。制御プログラムの開発工程では、PLC、制御対象機器、およびPCを組み合わせて行うデバッグ作業に多くの時間を費やしていることから、開発スピードを上げるためにデバッグ作業の効率を向上したいというお客様のニーズがあります。今回当社はこのニーズに対応し、「FA-M3V」や制御対象機器を使った場合と同じデバッグ環境をPC上に構築する、シミュレーションソフトウエア「Virtual-M3」を開発しました。

ソフトウエアの特長

  1. ダイナミックI/Oジェネレータ機能
    「Virtual-M3」は、「FA-M3V」のCPUモジュールの動作を再現した仮想CPUと、「FA-M3V」のI/Oモジュールや制御対象機器の動作を再現した仮想I/Oで構成されたデバッグ環境を構築します。これまで必要だった「FA-M3V」の実機や制御対象機器を用意することなく、1台のPCで、実機を用いた場合と同等の環境で制御プログラムのデバッグ作業を行うことができます。新製品開発に有効であることはもちろん、稼働中の装置改造や、不具合解析においても、制御プログラムのデバッグ作業のために装置を止める必要がなくなります。
  2. HMIとの連携機能
    プログラマブル表示器用のアプリケーションソフトウエアや、装置の監視・制御ソフトウエア(SCADAソフトウエア)を「Virtual-M3」の仮想CPUと同じPC上で連携して、「FA-M3V」の制御プログラムをデバッグすることができます。その際、表示器用アプリケーションソフトウエアのデバッグも同時に行うことができます。
  3. ステップ運転機能
    「Virtual-M3」のステップ運転機能により、重点的に検証したいプログラム箇所を繰り返したり、命令・回路・スキャンの動作をステップごとに実行させたり、プログラムのスキップや再開を行うなど、実機では確認できないデバッグ・解析作業が可能になります。
  4. プログラム実行状態のリアルタイム確認機能
    「FA-M3V」のプログラム作成、デバッグ、アプリケーション開発用ソフトウエアである、プログラム開発ツール「WideField3(ワイドフィールド3)」を、「Virtual-M3」と最新のOS環境であるWindows ® 10に対応しました。「WideField3」に標準搭載しているLive Logic Analyzer(ライブロジックアナライザ)機能と「Virtual-M3」を組み合わせて活用することでプログラム実行状態をほぼリアルタイムに確認できるため、デバック・解析の効率がさらに向上します。
デバッグ環境

【 デバッグ環境 】

F A-M3シリーズについて

当社は、1989年9月、中~大規模機種として「FA500」を発表、これを機にPLC市場に参入しました。1992年12月には小~大規模までカバーするレンジフリーコントローラ「FA-M3」シリーズを発売しました。2010年11月には、フランス語でスピードを表すVitesse(ヴィテス)をサブタイトルとした「FA-M3V」を発売しました。

主な市場

電子部品/電子機器組立装置、半導体製造装置などの製造会社

用途

上記装置への組み込みコントローラとして使用

以上

文中で使用されている会社名、団体名、商品名等は、各社又は各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ


ページのトップへ

TOP