ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

2017年5月プレスリリース

2017年5月12日発表

マレーシアの大型プロジェクトRAPIDの石油貯蔵施設向けアナライザハウスを受注
~プロセス分析システムのシステムインテグレータビジネス拡大に弾み~

横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、関係会社であるヨコガワ・コントロール・マレーシアが、マレーシアの大型石油精製・石油化学統合プロジェクトRAPIDの石油貯蔵施設向けプロセス分析システムのシステムインテグレータ(SI)業務と高度ソリューションをEPCC(設計・調達・工事・試運転担当会社)として受注しましたのでお知らせします。

RAPIDプロジェクトは、マレーシア国営ペトロナスが同国南部ジョホール州で進めている、同社最大のペンゲラン総合コンビナート(PIC)開発の一環であり、世界有数の大型プロジェクトです。日量30万バレルの精製能力をもつ製油所と、エチレン、プロプレン、およびC4~C6オレフィン製品を合計で年間約350万トン生産する石油化学プラント群で構成されます。

2014年、ヨコガワ・コントロール・マレーシアは、RAPIDプロジェクトの制御担当会社(Main Automation Contractor:MAC)に選定されました。その後、FEEDを経て、製油所、ナフサクラッカー、石油化学プラント群向けの統合生産制御システム「CENTUM® VP(センタム・ブイピー)」や安全計装システム「ProSafe®-RS(プロセーフ・アールエス)」を受注しました。今回さらに、石油貯蔵施設に貯蔵されているガソリン、軽油、灯油などの製品品質を管理するためのプロセス分析計とサンプリング装置から成る分析システム、さらにそれらを収納するアナライザハウスの構築を中心としたプロジェクトをEPCCとしてペトロナスから受注しました。このプロジェクトでYOKOGAWAは、アナライザハウス1棟に加え、タンク内貯蔵製品の性状推定、製品のブレンド性状制御、およびパイプラインの特定箇所における製品種類の履歴管理を行う高度ソリューションの設計、エンジニアリング、調達、据付工事、試運転を行います。2018年8月までに工事を完了し、同年9月から試運転を開始、2019年の操業開始が予定されています。

石油、石油化学、天然ガスなどのプラントでは、品質管理や環境保護の目的で各種プロセス分析計が使用されています。プロセス分析計とサンプリング装置及びそれらを収納するアナライザハウスの構築には、ガス分析計や液分析計に関する高度な専門知識と、サンプリング装置に関する据付工事のノウハウが必要です。1997年、YOKOGAWAは、プロセス分析システムのSIとして30年以上の経験を持つ米国メジャメンテーション社に出資し、このビジネスに本格参入しました。1998年、シンガポールにプロセス分析システムのエンジニアリングと組み立て専門の組織を設置、2014年4月、このビジネスに関するグローバル本社機能を持った高度アナライザーセンター(現 アナライザーSIセンター)を発足してグローバル体制を強化しました。同年6月には、マレーシアにプロセス分析システムの組み立てとアナライザハウスの構築を行うヨコガワ・アナリティカル・ソリューションズを設立しました。これまでの実績を通して高めてきたエンジニアリング能力が認められ、今回、プロセス分析システムのSI業務をEPCCとして初めて受注することができました。

YOKOGAWAは、マレーシア最大の石油精製・石油化学統合プロジェクトを完遂して同国の産業発展に貢献するとともに、プロセス分析システムのSIビジネスの拡大に努めます。

以上

本件に関するお問い合わせ


ページのトップへ

プレスリリース 2017年


お問い合わせ


TOP