ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

2017年1月プレスリリース

2017年1月16日発表

UAEの発電・海水淡水化プラント向けに制御システムを受注
~中東地域の電力・水インフラ市場向け制御事業拡大へ弾み~

横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)の子会社であるヨコガワ・ミドルイースト・アンド・アフリカ(本社:バーレーン 社長:松林 秀樹)は、アラブ首長国連邦(UAE)のシャルジャ首長国の電力・水庁(Sharjah Electricity & Water Authority)から、同庁が所有・運営するレイヤ発電・海水淡水化プラント向け制御システムを受注しましたのでお知らせします。

本プロジェクトは、レイヤ発電・海水淡水化プラントの第7、第8ユニットの制御システムやその周辺機器を更新するものです。各ユニットは、発電容量7万5,000キロワットの重油・ガス焚き火力発電プラントと、造水容量日量約2万7,000トンの多段フラッシュ方式の海水淡水化プラントで構成されています。ヨコガワ・ミドルイースト・アンド・アフリカが納入する主な製品は、ボイラ、タービン、海水淡水化設備を統括して監視・制御する統合生産制御システム「CENTUM® VP(センタム・ブイピー)」、安全計装システム「ProSafe®-RS(プロセーフ・アールエス)」、差圧・圧力伝送器「DPharp EJA®(ディーピーハープ イージェーエー)」などのフィールド機器、排出ガス連続監視システム、水質監視システムなどです。ヨコガワ・ミドルイースト・アンド・アフリカは、2017年9月までにこれらの製品のエンジニアリング、据付支援、および試運転支援を行います。YOKOGAWAにとって、UAEの発電・海水淡水化プラント向けの分散型制御システムの受注は今回が初めてです。

UAEをはじめとする中東地域では、高い経済成長に伴って電力・水需要が急速に拡大しています。中東地域の豊富な石油・ガスを利用した、発電プラントと造水設備の複合施設は重要なインフラ設備として期待されています。YOKOGAWAは、今回の受注を弾みに、電力・水インフラ市場における制御ビジネスの拡大を目指します。

※ 多段フラッシュ方式:
減圧された蒸発器で海水を熱して蒸発させ、発生した蒸気を凝縮して淡水を得る方式。多数の減圧蒸留器を組み合わせて、発生した蒸気が放出する熱も利用する

以上

本件に関するお問い合わせ


ページのトップへ

TOP