EN / JP
センシング技術とその用途

注目の製品とソリューション

jp

YOKOGAWAは、企業や社会の特定ニーズを的確に捉え、デザインした包括的なセンサやシステムを提供しています。それらのYOKOGAWA製品やソリューションは、備え持つ高精度や高品質によって、さまざまな業界で活用されています。

光ファイバ温度センサ

かつて飛躍的に経済規模が拡大し、大規模で先進的な産業プラントや社会インフラが急増した時代がありました。近年、これらのプラントやインフラは、一斉に寿命を迎える時期に来ているため利用に支障を来すなど、社会問題化している傾向です。時間と共に劣化する大規模設備について、適切な保守管理などの対策が行われなかった場合、パフォーマンスの低下や誤動作、プラントにおいては操業停止に陥ってしまう可能性があります。また、破損した電源コンポーネントやトンネルの劣化を見逃してしまうと、異常なケーブル温度上昇やケーブル火災が発生し、資産の損失や停電に加え、社会インフラへの損害や人的な被害を与える可能性があります。

YOKOGAWAは、経済的損失につながりかねない重大な問題を未然に防止するため、温度監視によるソリューションに着目し、光ファイバセンサケーブルの特性を最大限に活かすためのセンシング技術で光ファイバ温度センサ DTSXを開発しました。DTSXは、長距離・広範囲な温度分布を連続的に測定し、微小な温度変化を捉えることで、異常過熱などの発生場所を早期に検出・特定し、迅速な対応が可能です。また、防爆、耐誘導性に優れているので設置場所を厭うこと無く、設備保全に貢献します。

詳細は こちら.

キャビテーション検知システム

プロセス産業の典型的なプラントは、配管、ポンプ、バルブなど、多数の設備を使用しています。これらの設備はそれぞれの状態に応じた適切なメンテナンスが必要ですが、設備の故障を適切に予測することは難しく、必要な時期は必ずしも明確ではありません。ポンプの劣化と破損の原因の1つとして「キャビテーション」が挙げられます。キャビテーションとは、流れる液体内の圧力差によって気泡、あるいは空洞の発生と消滅が短時間に引き起こる物理現象です。これらの気泡や空洞が消滅した際に放出されるエネルギーは、ポンプにダメージを与え、破壊を招き、大きな安全上のリスクをもたらす可能性があります。

YOKOGAWAは、この課題を解決するために、圧力データからポンプのキャビテーションを定量的に把握できる検知システムを開発しました。このシステムは、独自開発したキャビテーション向け検知ロジックを搭載し、ポンプ内部で起きる微細な圧力変動として捉えてリアルタイムで演算するため、音や振動よりも早期にキャビテーションを検知できます。この検知に基づき、プラントオペレータは適切な処置や意思決定を行うことができ、ポンプの損傷を未然に防ぎ、設備管理が強化されます。

詳細は こちら.

配管の局部腐食モニタリング技術

ミッションクリティカルな産業であるエネルギープラントでは、配管(パイプライン)の健全性に関連する問題の多くは、配管の腐食や侵食(エロ―ジョン)によって引き起こされます。しかしながら、プラント内の配管の数が膨大であること、配管へのアクセスがしにくいこと、あるいは人手による検査に頼っていることなどにより、配管の状態を適切に把握することが大きな課題になっています。

YOKOGAWAは、配管の健全性を最適に管理するため、非接触で配管の減肉をモニタリングする技術を開発しています。配管に非接触測定が可能なセンサを設置し、それらのセンサを無線ネットワークで接続することにより、このソリューションは配管の減肉を継続的にモニタリングすることができます。

詳細は こちら.

Download this eBook

download Yokogawa eBook

Learn how Sensors are shaping the new world, and our lives.

Download eBook Now
本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください
お問い合わせ