EN / JP
センシング技術とその用途

センサとセンシング技術の定義

jp

今日の産業を取り巻く環境は、かつてないレベルで変化が激しく、不確実で、複雑かつ曖昧な状況に直面しています。その結果、設備資産や働き手の両方に対して、低コストでありながらもセキュリティが担保された運用効率の重要性が増しています。このような背景の中で、センシング技術とその進歩は、競争力と効率性を維持するため、産業活動にとって重要な役割を果たしてきました。

センシング技術とそのさまざまな用途(アプリケーション)は、テクノロジーとビジネスニーズの進歩に合わせて絶えず進化しています。距離から熱、圧力に至るまで、実世界の多種多様な特性を検出するセンサを利用することができるようになりました。今日の製品は、センサを使用して周囲のすべてを感知し、非常に正確で消費電力が少なく、設置と保守が安価である能力を備えています。センサは、プロセスとそれぞれのビジネスに新しい価値を生み出す重要なコンポーネントであることが証明されています。

センシング技術とは? センサにどのように関連しますか?


センサには非常に範囲が広く、多くの種類がありますが、基本的に、センサは測定対象の特徴量を検出し、その特徴量を読み取り可能な信号に変換して機器に表示するデバイスです。簡単に言えば、センシング技術とは、センサを使用して、物理的、化学的、または生物学的特性の量を検出して情報を取得し、付加価値の高い情報に変換する技術です。
センサの定義と機能 センサの定義と機能

センサは「千差万別」と言われるように、あらゆる産業ニーズに対応する多種多様なセンサがあります。365日24時間、生産工程を止めることが許されないミッションクリティカルなプロセス産業の場合、プロセス監視や設備管理の最適化のため、その用途に応じたさまざまなセンサが使用されています。

これらのセンサは、リアルタイムでプロセスや設備の状態を検出・収集し、生産制御システムへと送信します。プロセスや設備の異常は、そのセンサから電気信号を発信することによって特定され、補正を行うことで、安定操業の確保につながります。また、収集したデータをさらに分析することで、プロセスや設備の異常状態を事前に検知し、予期せぬ生産トラブルを回避することも可能となり、プロセス効率と生産された製品品質の向上に加え、企業収益性の改善にも貢献することにもつながります。

Quote icon YOKOGAWAは、プロセスオートメーションのセンサ分野において、リーディングカンパニーの一社に数えられています。幅広いセンサ製品やソリューションを取り備えており、多様な産業用途への適用が可能です。精度、信頼性、安定性に優れており、ワールドクラスのサービスを提供しています。

Download this eBook

download Yokogawa eBook

Learn how Sensors are shaping the new world, and our lives.

Download eBook Now
本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください
お問い合わせ