イメージ
プラントの立ち上げ現場、
その最前線で、
納入から稼働までを仕切る
曾根 真智子
理学研究科卒 2016年入社
ソリューション技術本部 第1エンジニアリングセンター スタートアップ部
スタートアップエンジニア
INTERVIEW
01
ロマンを追いかけ、見つけた仕事
就職活動時、ポイントにしていたのは2つ。「国内外のプラント建設や立ち上げに携われること」と、「現場の第一線に出られること」です。その理由は、“ロマン”。スケールの大きなプロジェクトを目の前に、その国や街に残る仕事ができる点に、格好良さを感じたんです。数年間、父親が海外で仕事をしていたので、その影響もあるかもしれません。
スタートアップ部には、自ら希望して入りました。聞けば、どうやらこの部署には長年、女性の配属がなかったようで、少し珍しがられましたね。そのため、最初は「気を遣わせているのかな?」と思いましたよ。どんな局面においても、度々「大丈夫?」と声を掛けて頂いたり。先輩や上司の皆さんも、久しぶりの女性社員だったので、手探りでコーチングされていたのかもしれません。様々な仕事をどんどん任せられるようになったいまでは、笑い話のような思い出です。
イメージ
02
巨大なプラントの立ち上げへ、
一人で挑む
私たちスタートアップエンジニアの役割をシンプルに言えば、「製品がお客様先に納入され、実際に稼働するまでを担うこと」。製品のセットアップから始まり、機能検査、ハードウェアの健全性の確認、お客様先のプラント設備とのインターフェース検査、試運転を実施していく過程で発生するトラブル対応およびソフトウェアの改造、さらには機能追加など、その領域は広く、携わる業務も多岐にわたります。また、試運転の成果は特にお客様の納期に関わるため、迅速かつ的確な対応が求められます。もちろん現場ではトラブルも多々発生しますし、お客様からソフトウェアの機能追加などをリクエストされることも。いまでは責任者として現場に立つことも多いため、上司も先輩もいない時にはプレッシャーに苛まれることも少なくありません。
ハードルを数え上げたらキリがありませんが、だからこそ、拙いながらも一人でハンドリングし、なんとかプラントの稼働までこぎ着けた際は、これ以上ない達成感がある。その瞬間、感じていたプレッシャーや苦労は、一気に吹き飛びます。
イメージ
03
自らのスキルをフル活用して、
いざ、国内外の現場へ
私は、スタートアップエンジニアこそが、プラントの立ち上げ現場の最前線に立つポジションだと考えています。だからこそ、様々な職種と連携しながら、その声とお客様を繋ぐ役割を担わなければいけない。いわば、お客様から見た「横河ブランド」を代表する立場となるべき存在なのです。そのため、想定外の出来事が発生した際は関係各所に連絡を取り、なんとか解決を図る必要がある。さらには、そうした動きをお客様と随時共有して、納得して頂く必要もあります。その意味では、知識面はもちろん、コミュニケーション力やネットワーク構築力も必要な仕事だと言えるかも知れません。
「ベテランだろうと、お客様への対応がダメな人は、ダメ。たくさんの知識があったとしても、やっぱりお客様への対応がダメな人は、ダメ。お客様が満足すれば、それが一番良い」というのは先輩の言葉ですが、現場の最前線に立つ一人として、この点はこれからも大切にしたいですね。そして、今後はもっと、国外での仕事にもチャレンジしたい。夢は広がるばかりです。
イメージ
SCHEDULE
一日の流れ
6:50
起床、朝食、ニュースチェック
8:00
出発(自転車通勤)
8:20
出社、メールチェック
9:00
社内打合せ(翌月に予定しているシステム更新のキックオフミーティング
11:00
試験報告書等の書類作成
12:30
ランチ(先輩と社員食堂)
13:30
社内打合せ(出張の事前準備)
16:30
製品情報チェックや部内向け勉強資料の作成
17:30
退社、その足でジムへ
22:00
入浴
22:30
海外ドラマを楽しむ
24:00
就寝
PRIVATE
オフタイム
出張も飲み会もない日は、ほぼ毎日、格闘技系のジムに通っています。先日はジムのレベルテストを受け合格し、合格証を発行してもらいました。額に入れて大事に家に飾ってあります。
イメージ
他の社員を見る
page top