イメージ
プロジェクトを遂行する
統括責任者として、お客様の工場の
要となるシステムをつくり上げる
林 貴大
工学研究科・情報電子工学専攻 修了 2009年入社
ソリューション技術本部 第2エンジニアリングセンター2部
プロジェクトエンジニア
INTERVIEW
01
プロジェクトエンジニアとして
着実に成長
大学で電気回路の勉強をしていた際、実験で横河の計測機器を使用していて、社名は知っていました。しかし、それ以上のことは知らなかったんです。就活時にふと思い出して調べてみると、世界中の工場のものづくりやインフラを支えていて、地球環境や社会に貢献している企業であることを知り、強く興味を持つように。また、先輩社員とお話をした際、自由で働きやすい雰囲気を感じたことが最終的な入社の決め手になりました。
入社後、約2年間は、セールスエンジニアとしての営業・提案活動を通じ、横河が提供するソリューションについて学び、その後、プロジェクトエンジニアとなりました。とはいえ、プロジェクトエンジニアは経験がものをいう仕事。最初から大規模プロジェクトを一人で任されるわけではありません。ベテランのプロジェクトエンジニアのサポートからスタートし、1〜2年かけてスキル・ノウハウを身につけた上で、小規模プロジェクトから任され、着実に成長していきました。
イメージ
02
一つひとつがオーダーメイド。
だから面白い
プロジェクトエンジニアは、計画の立案やシステム全般設計、スケジュール管理、コスト管理をしながら、お客様にシステムを納品するまで、プロジェクトを遂行する統括責任者です。システムのほとんどは、受注の時点では不確定要素が多く、お客様と打合せを重ねながら、工場設備や運用といったご要望に合わせて、一つひとつオーダーメイドでつくり上げていきます。そのため、各プロジェクトが必ず独自性を持っており、同じものは皆無。また、プロジェクトを進める中で出てくる課題も様々です。
仕様がなかなか決まらずスケジュール通り進まない、ハードウェアの製造が遅延する、コストが合わずお客様とのタフな交渉を重ねる……など、様々な難関に打ち当たるたびに、プロジェクトに関わる社内外の関係者と相談、交渉、折衝して、問題を解決に導く。苦労は尽きませんが、そこにこそプロジェクトエンジニアのやりがいや面白さがあります。
イメージ
03
大切なのは、
コミュニケーション力と人脈
私がプロジェクトエンジニアとして大切にしていることの一つは、コミュニケーション力です。プロジェクトエンジニアは、お客様をはじめ、社内のシステムエンジニア、スタートアップエンジニア、サービスエンジニア、工事を担う部署など、様々な職種の方々と連携し、それぞれの作業内容やスケジュール、コストなどを調整しながら、全体を統括していく仕事。だからこそ、プロジェクトをよりよい形で遂行するためには何よりもチームづくりとコミュニケーションが大事だと考えているのです。
もう一つ大切にしているのは、人脈です。横河ソリューションサービスは、食品、化学、電力、ガス、鉄鋼、紙パルプ、自動車などあらゆる業界のシステムを手がけており、それぞれのスペシャリストがいます。そうした方々と相談することで、新たな知見を得て、仕事の幅を広げていくことができるからです。
入社10年目のいまでは、経験を積み重ね、社内の信頼も得て、数億円の大規模プロジェクトを任せられる立場となりました。この先も、さらに実力に厚みをつけ、どんなに難しいプロジェクトでも「林さんなら大丈夫」と言ってもらえる“最上級のプロジェクトエンジニア”を目指していきたいですね。
イメージ
SCHEDULE
一日の流れ
5:00
起床
5:30
ランニング(10km)
7:00
朝食、ニュースチェック
8:10
出発(自転車)
8:25
出社、メールチェック
9:00
プロジェクトスケジュールの検討、立案
10:30
お客様と電話 (仕様確認や次回打合せの日程調整など)
11:00
システムエンジニアと社内打合せ
12:30
昼食 (自席でお弁当)
14:00
システムのハードウェアの仕様書作成
18:00
退社
18:15
帰宅
18:30
夕食
20:00
入浴
22:30
就寝
PRIVATE
オフタイム
休日はほぼ家族サービスです。子どもたちがまだ小さいので、公園やピクニックに行ったり。運良く友達からチケットをもらって、「ジブリ美術館」に行った時は、子どもたちが大喜びでした。
イメージ
他の社員を見る
page top
エントリー
「リクナビ」「マイナビ」どちらかのサイトよりエントリーをお願いします。
リクナビ マイナビ