TRAINING
教育研修

横河ソリューションサービスでは、社員一人ひとりが
事業計画や組織目標達成の一翼を担いながら、
自らのキャリアを実現するための教育・研修体系と、
それを支える仕組み・制度を整えています。
人財育成の考え方
横河ソリューションサービスが成長し永続的に発展していくためには、「お客様の課題解決に応えるための新しいソリューションを生み出し続ける力と企業風土を持った会社」になることが必要です。
そのためには、

変化をチャンスととらえて新たな挑戦を最後までやり抜くことで成長し続ける人財

高度で幅広い専門知識・スキル・能力を持ち、
それを高付加価値の ソリューションとして提供できる人財

が必要です。
こうした人財の育成を目的として、社員一人ひとりのキャリアを形成する環境・教育のチャンスの提供と、これらを支える制度を設けています。
新入社員の育成
新入社員の育成 イメージ図
入社後より各時期に応じた研修を用意しています。
01

入社時研修

入社後すぐに約1か月半にわたっておこなわれます。
社会人としての知識・姿勢・心構えや、横河ソリューションサービスの社員として働く基礎を身につけます。
02

職場実習

メーカーとしての機能である製品の製造、そしてコンサル会社としての機能であるソリューションサービスビジネスを体感するため、製造ラインや営業の現場で実習をおこない、ビジネスの理解を深めます。
03

配属

一人ひとりが描くキャリアステッププランや適性を元に、配属先を決定します。
配属以降は、上司と本人がキャリアについて面談をおこないながら、一人ひとりのタイミングに合わせてキャリアのステップアップを図ります。配属の段階から新入社員一人ひとりの育成方針・方法を明確にし、毎月の目標管理をおこなっていきます。配属後も毎年上司と本人とでキャリアについて面談をおこない、一人ひとりのキャリアを形成する環境・教育のチャンスを提供していきます。
社員の育成
人としての基本知識・スキル
新入社員研修以降は、社員として必要な知識はもちろん、キャリアパスに応じて社員一人ひとりの自立した知識・スキル習得を支援するための各種研修・教育プログラムを用意しています。
横河ソリューションサービス人としての基本知識・スキル イメージ図
年次・選抜教育体系
知識・スキルといった目に見えるテクニックだけではなく、マインドやモチベーションといった目に見えない「内面的な部分」に特化した教育を、2年目・3年目・5年目の各時期と選抜教育においておこない骨太な人財を育成します。
年次・選抜教育体系図
ワークライフバランス支援研修
社員一人ひとりが働き甲斐を感じいきいきと活躍するためには仕事(ワーク)と個人の生活(ライフ)の両立が重要と考え、両立を支援するための教育プログラムや、社員一人ひとりのライフステージに合わせた教育プログラム(マネープランニング研修、セカンドライフプランニング研修)を用意しています。
自己啓発支援
社員一人ひとりが自らのキャリアパスを実現するために自分自身へ投資する機会を提供しています。「通信教育」「eラーニング」など、自身のスタイルに合わせて選択することができます。また、ビジネスを遂行する上で必要不可欠である所定の公的資格については、会社から補助金を支給しその取得を支援します。
キャリア開発支援の仕組み
会社が目指す姿を実現するためには、社員が自律的に学び、経験し、実践を積んでキャリアを積み重ねていくことが必要不可欠です。横河ソリューションサービスでは、社員一人ひとりのキャリア開発を支援するための仕組みを整えています。
目標管理面談
一年間に取り組む目標を面談において本人と上司が一緒になって明確にすることで、社員のやる気と、公平性・透明性・納得性の向上を図ります。
キャリアステッププラン面談
どのような職種を積み上げながら自身のキャリアパスを描いていきたいか、職種マップを元に社員一人ひとりが主体的に考え、これを毎年の面談において上司と共有することによって社員の自律意識向上と働きがいを醸成します。
キャリア相談
上司との面談以外に、キャリアステッププラン実現を目的として会社や外部のサポートが得られる環境を整えています。
これらの面談内容や社員一人ひとりのスキル・経験・知識はシステムによって一元管理され、効果的な人財育成と適切なローテーションの実現を支えています。
page top
エントリー
「リクナビ」「マイナビ」どちらかのサイトよりエントリーをお願いします。
リクナビ マイナビ