ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ
jp

横河ソリューションサービス株式会社

社員紹介

営業

宮野 隼
2002年入社 文理学部卒

» more

宮野 隼

プロジェクトエンジニア

高橋 尉治朗
2009年入社 電気電子工学専攻卒

» more

高橋 尉治朗

情報エンジニア

近藤 倫世
2010年入社 理学研究科卒

» more

近藤 倫世

スタートアップエンジニア

小谷 雄治
2008年入社 工学部卒

» more

小谷 雄治

サービスエンジニア

早川 徹
2000年入社
工業高等専門学校卒

» more

早川 徹

コンサルタント

萩原 越史
2003年入社
システム工学専攻卒

» more

萩原 越史

人事スタッフ

田代 千津子
2002年入社 教育学部卒

» more

田代 千津子

社員の声

営業

宮野 隼

2002年入社 文理学部卒

宮野 隼

お客様の課題や困りごとをいかに聞き出すか

私が所属する食品営業部では、その名の通り食品業種のお客様への営業活動を行っています。現在、私が担当しているのはグローバル総合酒類食品企業。本社はもちろん、全国にある工場や研究所に営業を行っています。

営業というと製品の売り込みを思い浮かべるかもしれませんが、私たちが常日頃行っているのは、情報・制御・計測機器が使われる生産現場において、課題や困りごとがないかをうかがうこと。そして、課題や困りごとがあれば、課題解決ソリューションを提案することです。もちろん、毎回、会話でそのような課題や困りごとが出てくるわけではありません。そこで重要になるのは、お客様にかかわる情報をどれだけ把握しているかです。例えば私の場合は、総合酒類食品企業を担当しているので、食を取り巻く環境などのチェックも欠かせません。それらの変化によって、お客様の事業戦略が変わるからです。


成果が目に見える形で表れるから面白い

これまで一番、記憶に残った仕事は、制御システムの更新案件です。見積額は初めて経験する億を越えるという超大型でプレッシャーのかかる案件でした。受注するため、まず私が行ったのは、お客様のさまざまな課題や要望の中から本当に重要なことを見極めることでした。そのためにお客様のところに日参して情報収集と信頼関係の構築にまい進しました。その一方で社内の技術者、知見のある方などに積極的にヒアリングし意見を収集しました。関わる人が多くなれば、さまざまな意見が出ます。そこから正しいと思う方向性を示す。それらをひとつにまとめ、いかに一枚岩にした提案にできるかも営業の手腕。そのようなさまざまな苦労を乗り越えて行った提案が、認められて受注できたときの達成感は、言葉には表すことができないほど。本当に嬉しかったですね。このように営業は成果が目に見える形に表れるところが、厳しさでもあり、面白さ。やりがいの大きな仕事です。

プロジェクトエンジニア

高橋 尉治朗

2009年入社 電気電子工学専攻卒

高橋 尉治朗

自分で見積もりを出したガスプラントの改造案件を担当

私が所属する部署が担当しているのは、主にガスや電力業界のお客様です。お客様がプラント運用において抱えている悩みや改善課題、要求などを営業やサービスエンジニアが聞き出し、それを解決するシステムを提案します。その提案を実現化していくプロジェクトをマネジメントするのが、プロジェクトエンジニアの役割です。具体的にはそのプロジェクトを実現するためのジョブの設計や整理、スケジュール管理、社内の設計や工事担当者のとりまとめなど。ですが、「プロジェクトマネジメント業務専任」というわけではありません。例えば私が初めてプロジェクトエンジニアとして関わったガスプラントの改造案件は、私がお客様と話をしたり見積を出したりなど、サービスエンジニアとして関わってきたものです。自分が提案してきたことが実現していく過程をマネジメントできる。これは大きなやりがいです。


臨機応変に対応する力、交渉力など高いコミュニケーション能力が求められる

私たちが携わるプロジェクトは数年に及びます。いくつもの作業が並行して行われ、その中には滞っている作業も出てきます。そうすると、その作業に携わっているメンバーから話を聞き、問題事項を洗い出し、解決するための方策を講じてお客様に報告することも私たちプロジェクトエンジニアの役割です。またプロジェクトの途中で、お客様から変更をお願いされ、メンバーに担当以外の作業をお願いすることも起こったりもします。こんなときに求められるのが知識や経験はもちろんですが、臨機応変に対応できる能力や交渉力を含めた高いコミュニケーション能力です。プロジェクトエンジニアの醍醐味は、お客様をはじめ、社内のさまざまな立場の人たちと話をする機会が多いこと。そこで得た話は、こぼれ話も含めてメモするように心がけています。それが私の宝。きっとこの先のキャリアに役立つと思うんです。

情報エンジニア

近藤 倫世

2010年入社 理学研究科卒

近藤 倫世

お客様の現場に合わせたシステムを設計・製造

私が所属している部署は、製油所や石油備蓄基地向けの運転管理システム (計算機) のエンジニアリング (設計、製造、納入、保守) を担当しています。計算機と言っても、お客様によって求められる要件は異なります。お客様の要件を満たすように仕様をまとめ、設計・製造 (プログラミング) するのが、私たち情報エンジニアの役割です。私はジョブリーダーとして、実際に設計や製造に携わるメンバーを管理したり、お客様、代理店の担当者、社内の他システムのメンバーと打ち合わせしたり、という業務に従事しています。他システムのメンバーと打ち合わせするのは、横河として納入するシステムが計算機だけではなく、CENTUM (生産制御システム) やその他のサブシステムなどを含めたものだからです。自分たちのシステムが単体としてはもちろんですが、システム全体としてうまく稼働するよう、最適な方法でシステムを設計・製造していくのです。


お客様からの「ありがとう」という言葉がやりがい

私たちが手がけるプロジェクトは、大規模なものだと7年にも及びます。今、まさにそのような大規模プロジェクトに携わっているのですが、これから1年かけて仕様決めを行っていきます。前回、携わったプロジェクトは2年でしたが、年単位の時間をかけて、お客様の求めるものを作っていくのです。また大規模になればなるほど、関わる人も増えます。大勢の人々が一丸となってシステムを作り上げ、操業が開始されたときは、それまでの苦労がすべて吹き飛ぶぐらいの達成感が得られます。さらにお客様から「ありがとう」「次回もお願いします」という感謝の言葉をいただいたときには、「この仕事に携わってよかった」という大きなやりがいが得られます。もっとお客様の現場を知り、お客様のためになるシステムを作っていきたいですね。

スタートアップエンジニア

小谷 雄治

2008年入社 工学部卒

小谷 雄治

お客様先に出向き、稼働までを担当する

スタートアップエンジニアは、製品がお客様先に納入され、実際に稼働するまでを担当します。製品の機能検査やプラント設備のインターフェース検査、そして試運転調整などが主な業務です。私の担当は食品・薬品・紙パルプ・化学業界のお客様。中でも日系企業の海外プラントのスタートアップに携わることが多いですね。

国内プラントの場合、他部署を含む複数のエンジニアが現地に赴き、協調して作業をこなしながら、稼働にこぎ着けます。一方、海外案件の多くの場合、スタートアップエンジニアは一人で現地に赴きます。したがってハードもソフトも、すべての検査・調整を自分一人で行っていかなければなりません。製品について幅広い知識が求められるのはもちろん、大きな責任を負うことになります。プレッシャーも大きいですが、それだけに試運転がうまくいったときの感動は大きいですね。


海外案件の場合、基本一人。若手のうちから大きな案件が任される

もちろん、予期せぬトラブルも多々起こります。いくら納入前検査をしていても、現地の既存設備と組み合わせて初めて発見されるトラブルもあります。またお客様から追加機能をリクエストされることもあります。そんなときこそ、スタートアップエンジニアの腕の見せ所。特に海外の案件では時差もあるので、頼れるのは自分だけという状況がほとんど。お客様も巻き込んで、全員が一丸となって確実かつスピーディーに解決まで持って行くのです。半端ない緊張感に襲われますが、解決できたときの喜びは、言葉にできないほどの大きさです。

大変なことがあるとしたら、家を離れる期間が長いこと。平均1~2カ月は現地に留まります。しかし、お客様とも深くつながることができるなど、その大変さを上回るだけの面白さがある。そして若手のうちから、大きな案件を任せてもらえるんです。やりがいのある仕事です。

サービスエンジニア

早川 徹

2000年入社 工業高等専門学校卒

早川 徹

サービスエンジニアはお客様に最も近い存在

私が所属しているグローバルレスポンスセンターは、お客様のシステムや機器に関するさまざまなトラブルやお問い合わせへの対応、全世界の拠点サービスエンジニアの技術サポートを行うサービスの総合窓口です。全国から集まった経験豊富なエンジニアで対応しています。日本全国の拠点に在籍しているサービスエンジニアはお客様に何かトラブルがあれば迅速にお客様先に赴き対応し、お客様のシステムを長期に亘り安定稼働させるために、お客様と共に最適な保全計画を策定しています。お客様をよく理解して対応することが重要であり、サービスエンジニアは当社の中では最もお客様に近く、お客様側の視点を持てる存在なのです。


お客様の悩みを共有し、共に課題解決にあたる

私たちサービスエンジニアはお客様の立場に立ち、お客様の悩みを共有して一緒に課題解決に取り組んでいます。時には厳しい言葉をいただくこともありますが、課題を解決できた喜びを共に味わうことができ、何よりお客様からいただける「ありがとう」の一言にサービスエンジニアとしてのやりがいを感じることができます。このようなお客様との信頼関係を築くカギを握るのが、コミュニケーションです。トラブル対応や課題解決には、お客様はもちろん、関係部署をはじめ、社内外のいろいろな人との連携が欠かせません。コミュニケーションを密に取り柔軟で迅速な対応を行うことが、その信頼を確実なものにします。人と接することが好き、話をすることが好きな人にとっては、本当にやりがいのある面白い仕事です。YOKOGAWA のお客様は、電気、ガス、水道などのライフラインや衣食住といった私たちの生活に欠かせない様々な業種と多岐にわたります。この日本のモノづくりの全ての現場を最前線で支える、それがサービスエンジニアです。

コンサルタント

萩原 越史

2003年入社 システム工学専攻卒

萩原 越史

コンサルタントはゼロからプラスを生み出すのが仕事

現在、横河ソリューションサービスではコンサルティングに力を入れています。その理由はどんなに良い製品でも、ただそれだけでは売れる時代ではなくなったということ。お客様が私たちに求めているのは、まだ見えていないニーズや課題を共に掘り起こし解決することなのです。何もないところからビジネスをつくっていく、つまり私たちコンサルタントの仕事はゼロからプラスを生み出すことです。

掘り起こしたニーズや課題の中には、私たちが経験のある分野とは異なる分野のものも当然出てきます。そういった未知の分野に対してもソリューションを企画・検討していくのです。つまり当社側からすると新事業の開拓。このようなことに携われることが、コンサルタントの醍醐味です。


発想力や柔軟な考え方、コミュニケーション能力が求められる

このようにコンサルタントが携わるのは、ビジネスプロセスの最上流部分。お客様との色々なディスカッションを経て、主なアウトプットは分析内容を記した報告書や提案書となります。しかしそれだけで終わらせるワケにはいきません。当社の強みであるその後のソリューション提供にいかにつなげていくかもコンサルタントの手腕。そのためにもコミュニケーション力を駆使し、お客様との密接な信頼関係を築いていくのです。

ニーズや課題を引き出すには、経験が必要と思われるかもしれませんが、経験は必須とは思っていません。なぜなら、新規分野の開拓においては、経験がない方が柔軟に物事を考えられるからです。現在、製造業の世界では IIoT (Industrial Internet of Things) など、新しい話題も登場しています。そんな新しい技術、サービスを使うとお客様にどんな新たな価値を提供できるのか。パートナー企業と協力し提案する。そんなまだ世の中にはない新しい絵を描けることもコンサルタントという仕事の面白さです。

人財スタッフ

田代 千津子

2002年入社 教育学部卒

田代 千津子

エンジニアの経験を生かし、人財育成制度を構築

私たちの部署は、横河ソリューションサービスが新しいソリューションを生み出し続けるための核となる新卒採用と、キャリアを持った即戦力人財の採用、ソリューションカンパニーにふさわしい人財育成制度の構築と社員教育を実行するミッションを持っています。私は主に人財育成制度の構築を担当し、ソリューションカンパニーにふさわしい人財を育成するため日々まい進しています。教育や育成は元々関心のある分野。だからすごくやりがいを感じています。また私は入社から3年間、情報エンジニアとしてシステム開発に携わっていました。こうした現場の経験を生かして、会社が求める人財像と現場の想いに乖離がないよう、改善を続けています。


ちょっとした工夫で仕事と子育てを両立

実は私が現在の業務に携わるようになったのは、第二子出産で取得した産前産後休暇および育児休暇を経て、仕事に復帰したときから。以前に営業部門に配属された新人の教育を担当していたことがあるとはいえ、本格的に全社の人財育成に携わるのは初めてのこと。復帰直後の1年間は、短時間勤務で働いていました。当社では9歳になるまで短時間勤務で働ける制度が整っているので、私のように子育てと仕事を両立している女性がたくさんいます。現在はフルタイムで働いていますが、保育園に迎えに行く時間が決まっているので、容易に残業はできません。そこで就業時間中は常に9回二死満塁の状況だと思って、集中して取り組みます。また家族の協力を得て『この日だけは何があっても休まない日』を設けており、その日に大事な会議や出張などの予定をなるべくまとめて入れるようにしています。そんなちょっとした工夫をすれば、仕事と家庭は十分両立できる。ワークライフバランスを充実させたい人には良い会社です。

TOP