エネマネ関連情報

<関連情報>税制優遇|コネクテッド・インダストリーズ税制

データ連携・利活用により、生産性を向上させるシステムやセンサを導入すると税制が優遇されます

制度の概要

セキュリティ対策がとられたデータ連携・利活用により、生産性を向上させる取り組みについて、システムやセンサー・ロボット等の導入特別償却30%または、税額控除3%(賃上げを伴う場合は5%)の優遇措置が受けられます。

制度の活用例

"工場のエネルギー効率化"

  • 工場の省エネ・エネルギー効率化のために、新たにセンサーとEMS*1を導入する。
  • 取得したデータの分析を行い、エネルギー効率改善のポイントと方策(ロス削減対策、効率の良い運転・操業方法)を見つけ出す。
  • EMSによる自動制御でエネルギー効率を高めて、エネルギーコストを削減することで生産性を向上させる。

 

コネクテッド・インダストリーズ税制|認定要件と優遇措置

計画認定の要件

  1. データ連携・利活用の内容
    • 社外データやこれまで取得したことのないデータを社内データと連携
    • 企業の競争力における重要データをグループ企業間や事業所間で連携

  2. セキュリティ面
    • 必要なセキュリティ対策が講じられていることをセキュリティの専門家(登録セキスぺ等)が担保

  3. 生産性向上目標
    • 投資年度から一定期間において、以下のいづれも達成見込みがあること
      • 労働生産性:年平均伸率2%以上
      • 投資利益率:年非金15%以上

 

優遇措置の内容

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ