2線式電磁導電率計 FLXA202

FLXA202電磁導電率計は、電磁誘導測定の原理に基づく非接触測定のため、酸、アルカリ溶液から含塩溶液まで、化学工業における濃度監視として、食品および薬品工業、メッキおよび表面処理工業、紙・パルプ工業等広いアプリケーションの導電率測定に使用できます。また、強酸、強アルカリの溶液を正確に分析するためのマトリクス補償、出力直線化機能を備えています。検出器は1本のみ接続が可能です。TIIS防爆対応。

FLXA202の特長

  • 最大2本の検出器を設置でき、メンテナンス中でも中断のない測定を実現、メンテナンス・計装工事費を削減
  • 検出器を各種自己診断機能付きで
  • 画面と対話しながら確実でやさしいタッチスパネルでのオペレーション
  • さまざまなタイプのpH/ORP 検出器および導電率検出器、電磁導電率検出器、溶存酸素検出器と接続可能
  • 豊富な12言語対応:
    日本語、イタリア語、英語、韓国語、スペイン語、中国語、チェコ語、ドイツ語、フランス語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語

文字が見やすいクリアなディスプレイ

文字が見やすいクリアなディスプレイ

大きなフォントを採用し、文字が見やすい
クリアなディスプレイを追求しました。
12か国語対応のユーザフレンドリーな表示です。

電磁導電率計 FLXA202の特長

測定原理

  • 電極式の導電率計とは異なり、電極と測定液が非接触の状態で導電率を測定します。
  • 測定液により2個のリング状トランス(トロイダルコイル)間に生じる電磁結合を利用する測定方法です。
  • FLXA202 は「駆動コイル」に周波数の高い基準電圧(V1)を供給します。このコイルのコアは透磁率の高い磁性体で、環状コイルに強力な磁界を発生します。

出力信号

  • 記録、表示、制御用に4 ~ 20 mA出力が1点あります。
  • 測定パラメータは、導電率、濃度または温度から選択します。

TIIS防爆はじめ各種防爆に対応

標準仕様

入力仕様 ISC40GJ 電磁導電率検出器(弊社製)、内蔵温度素子:30 kΩ NTC またはPt1000
測定範囲 導電率: 0~ 2000 mS/cm(基準温度25°Cのとき)
温 度: -20~140°C
ケーブル長: 延長ケーブルも含め最長50 m、例えば固定検出器ケーブル(10 m)+WF10J延長ケーブル(40 m)
  ケーブル長の影響は、空気校正を行うことで調整します。
性 能
(変換器単体の模擬入力での性能)
導電率 直線性 : ±0.4% F.S. ±0.3 μS/cm
繰返し性 : ±0.4% F.S. ±0.3 μS/cm
温 度 直線性 : ±0.3°C、繰返し性 : ±0.1°C
精度:±0.3°C
温度補償 NaCl :±1%、マトリクス : ±3%
概要:

電解プラントでは、pH 計・ORP 計・導電率計・密度計などのプロセス分析計が使用されます。これらは、各工程における溶液の濃度管理などで重要な役割を担いますので、長期間安定に動作することが要求されます。しかしながら、電解プラントでの測定液は、腐食性が強い、液温が高い、検出器を汚すといった分析計にとって非常に厳しい性状を持ちますので、機種の選択には慎重さが必要です。
横河電機の分析計(検出器)には、電解プラントでの実績を積み重ねてきたものがあります。例えば、pH 測定のための“DPA405、DPA406 化学プロセス用検出器“、塩酸・硫酸・苛性ソーダの濃度管理に使用する “ISC40GJ 電磁導電率検出器” などです。

業種:
概要:

食品・飲料品・薬品の製造ラインでは、製品などの製造が終了する毎にタンクや配管などの洗浄・殺菌が行なわれます。また、用いた薬品は、コスト削減のため回収が図られます。この目的の CIP(Clean-in-Place) システムでは、洗浄剤と洗浄水の入れ替えにおける識別等のために、導電率計が使用されます。
FLXA21 2 線式液分析計は、広い測定範囲に対応できる検出器を有した高精度の測定が可能な導電率計です。FLXA21 の採用により、境界面測定の精度がアップするなど、他の導電率計より有利な運転が可能になりました。

業種:
概要:

従来、ボイラ給水タンク給水系での糖液漏れ監視は、1日当たり数回、手分析する方法で行なわれていたため、多大な工数がかかっていました。また、監視が連続的でないため信頼性に欠けており、糖液漏れが発生したときにはそのカバーリングにも多くの費用と時間を必要としていました。
FLXA21/ISC450G 電磁導電率計を採用したことで安定に連続監視ができ、糖液漏れはいち早く検知されるのでトラブルが重大化するのを防げるようになりました。

業種:
概要:

半導体工場では、各製造工程で種々の薬品が使用されます。それらの中に、現像液やフッ酸溶液があります。これらは、希釈装置において、原液を規定の濃度になるよう純水で薄めて調製されますが、このときの濃度管理は導電率を測定することによって行なわれます。
電磁導電率計は、耐食性があり広い測定範囲に適用できる検出器を有しており、多くのプロセスにおいて高精度での測定が可能な導電率計です。FLXA21/ISC450G の採用により、高い信頼性で濃度管理が行なわれています。また、FLXA21/ISC450G は、各製造工程の廃液処理や排水の管理にも採用されています。

アプリケーションノート

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ