ラベルフリー細胞解析ソフトウェア CellActivision

CellActivisionの特長

独自のディジタルフィルターにより、位相差画像で優れた細胞形態認識を実現しました。
また、ソフトウェアが自ら学習する「機械学習機能」を搭載したことで、ユーザーが登録した細胞画像から特徴量に基づき自動で細胞を分類します。

30日間無償トライアルができます
サンプルデータやお客様のデータを用いて、解析を行うことができます。

概要

CellActivisionが可能とすること

位相差画像を用いて、分類毎の細胞の数、コロニーの大きさ等の経時変化を、容易に評価することが可能です。

  • 蛍光染色したくない細胞を染色せずに形態情報から評価ができます
  • アッセイのエンドポイントを決定するための情報を提供します

解析の流れ

解析の流れ

  • イメージング装置(例:共焦点定量イメージサイトメーターCQ1)
  • 位相差顕微鏡

 

1.画像の入力

Input images

CQ1を初めとする細胞イメージングシステム、位相差顕微鏡により撮影された位相差タイムラプス画像をソフトウェアに読み込ませます。注)装置の出力画像とソフトウェアの互換性についてはお問い合わせください。

 

2.細胞形態のサンプル登録後、ソフトウェアが学習、細胞を認識、分類

Make Sample library, Process Recognition and Classification

独自のディジタルフィルターと機械学習により、ユーザーが登録したサンプルから特長量を抽出することで、細胞を認識・分類し、数をカウントします。

 

3.チャート・ビデオの作成

Charts and Videos

増殖する細胞数、コロニーの面積などの時系列データをグラフ化します。細胞やコロニーを分類ごとに色分け表示したビデオ画像を出力します。

 

OS Microsoft Windows: 7/8.1 、64ビット版
最新のサービスパックが適用されていること
プロセッサ 1.5GHz(2GHz、デュアル/クアッドコア推奨)
メモリ 2GB(3GB以上推奨)
HDD 5GBの空き領域(データ保存に350GB以上推奨)
ディスプレイ 1024x768以上
Visual C++ 再頒布可能パッケージ;VSU4\vcredist_x64.exeがインストールされていること
下記より入手可能:
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=30679 

CellActivisionインストーラーは2種類に分かれています。
用途に応じてダウンロードしてください。

ソフトウェアダウンロード

30日間無償トライアルソフトウェア ダウンロードページ
通常ライセンスソフトウェア ダウンロードページ

CellActivisionを使用するためにはアクティベーションコードが必要です。
ダウンロードしたzipファイルを展開し、インストール手順書を参考にインストール・起動した際に表示されるSite codeとMIDを、アクティベーション依頼票に記入し、メールにて弊社まで送付ください。

ライフサイエンスに関する最新情報を定期的に配信しています。
是非フォローをお願いいたします。

Yokogawa Life Science

•Twitter @Yokogawa_LS
•Facebook Yokogawa Life Science
•LinkedIn Yokogawa Life Science

横河電機株式会社公式アカウントリスト

Social Media Account List

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ