プラント情報管理システム

プラント情報管理システムは工場内の運転情報を容易入手し、これら情報を利用して工場全体の運用改善、危機管理など生産の多方面でデータを活用することができます。そのためにはハードウェアやメーカーなどに依存することなく既存環境や設備に幅広く対応でき、いつでも、どこでも、必要な人が、プラントの生産・運転に関する情報をリアルタイムに見える化することが重要となります。
世界シェアNo.1のPI Systemのオープン・アーキテクチャ設計によってそれを実現し、既存プラントへの導入もスムーズに行います。またTriFellowsでは、YOKOGAWA製DCSであるCENTUMシリーズおよびOPC Server経由でPLCや他システムと接続することができます。

  • プロセスデータの取り込みと、データの加工・分析を手軽に実現。製造情報の可視化・共有化で、業務改善に貢献します。

  • 操業パフォーマンス管理に必要なデータ、イベントをリアルタイムに見える化・共有化するPIMSのグローバル・スタンダードです。

  • Exaquantum (エグザカンタム)は、プラント操業に携わるさまざまな部門のお客様に、必要な情報を最適な形にして提供します。製造業を知り尽くしたYOKOGAWAだからこそ実現できたプラント情報管理システム(PIMS)です。

  • OPC はPA・FA業界向けのプロセスデータ交換のための標準仕様です。横河電機はOPC Foundationおよび日本OPC協議会などの活動を通してOPCを積極的に推進しています。

概要:

おなじみの「ほんだし®」を製造する味の素株式会社 東海工場では、「現場が課題を自ら発見し、対策を考え、実行する」といったワークスタイルの変革に向けてPIM-Aidを導入。現場の改善努力がすぐに数値で確認できることからモチベーションが向上、職場全員で改善を強化。

業種:
概要:

新居浜地区・大江地区・菊本地区の3地区を基礎化学部門の中心とする愛媛工場。 工場操業実績管理パッケージPI(パイ)の導入により、コンセプトである見える化、IT化で業務のスピードアップを実現します。

業種:
ホワイトペーパー
概要:

4回/年、TriFellowsに関連する情報を刊行しています。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ