DP320-1x エンハンスト・データロギングソフトウェア DAQ32Plus (販売終了製品)

お知らせ: 本製品は、2005年12月31日に販売終了しております。 下記の推奨代替製品をご参照ください。:

DP320-1x エンハンスト・データロギングソフトウェア DAQ32Plus

ハードディスクにデータ書込みができないときに「!」マークが付きます。 保存先のフォルダーが存在しているか、ディスクの空き容量があるかをご確認ください。
設定内容を変更していないのであれば、次の項目をチェックしてください。 ハードディスクの空き容量およびディスクエラーチェックの実行 DA100の電源および緑のSTATUSランプの点灯 通信ケーブルの接続状況および交換 ...
Darwin設定アイコン→通信→受信で設定を一度アップロードしてください。 その後、通信→動作実行→バランスを選び、実行タイプは、バランスを、実行範囲は、対象チャネルを選び実行してください。(実行タイプの「初期化」は工場出荷時の値に戻すことです。)...
オートプロセッサで可能です。
OSのセキュリティレベルが上がったため、Windows 7でEthernetモジュールのIPアドレスを設定することができなくなりました。 データ収集に問題はありませんが、IPアドレスの設定はWindows XPにDAQ32をインストールしたパソコンを使用してください。...
最新版のSMARTDAC+ スタンダード ユニバーサルビューアを、ご使用ください。
モニタは、20chまでです。それ以上をご希望の場合は、 DAQ32Plus(300chまで対応)をご検討ください。
101で始まる番号で、DAQ32PlusのCDケースに添付されています。ライセンス番号を紛失された場合は、形名:WX102をご用命ください。
同じIPアドレス同士では通信はできません。
できません。DAQ32Plusは1台のみのサポートとなっています。 DAQLOGGERのご利用をお勧めします。
Ethernet、RS-232C、RS-422A/RS-485、GPIBです。
DAQ32Plusのモニターサーバーを立ちあげ、その後クライアントを立ち上げてください。
1グループは最大32チャネルで、30グループまで作成可能です。 表示スパン設定は、表示詳細設定で可能です。
DAQ32Plusクライアントパッケージを使えば複数のパソコンでモニタできます。 最新バージョンでは16クライアントまで1つのDAQ32Plusのモニタサーバでサポートできます。
DAQ32PlusのLoggerの収集条件で、「アラーム収集」がチェックされていることをご確認ください。「アラーム収集」にチェックが入っていないと、DARWINハードウェアでアラームを発報しても、DAQ32Plusの画面ではアラーム表示の色が緑色のままで赤色に変わりません。...
トレンドで表示される時刻はDA100の時刻です。 長時間接続していると、パソコンとDA100の時刻がずれてきます。 一旦接続を止め再接続するとパソコン時刻がDA100側に自動設定され、時刻を合わせることができます。...
DA100とDAQ32PlusがEthernet通信できません。
(ns-faq-daqworx-13042-connect-ja)
DAQ32Plusの環境設定アイコンを開き、環境タブでETHERNETが選択され、 DA100のIPアドレスを設定されていることをご確認ください。 もし、DA100のIPアドレスが設定されていない場合はIPアドレスを設定して DAQ32Plusを再立ち上げしてください。...
DAQ32 PlusはDAQ32に比べ、機能が大幅UPしているため、それだけ早いCPUとメモリが必要です。DAQ32では問題ないが、DAQ32 Plusではパフォーマンスバーが振り切れてしまうということから、DAQ32で設定していたボーレートが、DAQ32 Plusには遅いと推測されます。ボーレートを上げてご使用してみてください。それでも現象が改善されない場合は、パソコンのメモリを増設するなど、パソコン側のパフォーマンスを向上をご検討ください。...
ビュアーソフトでDI入力の統計演算の小数以下を求めることはできません。 BFD32で収集したデータおよび演算結果は、設定した測定レンジの小数に影響されます。 DI(接点入力)の場合、4.2μAの電流(バーンアウト用電源使用)を流してオープン/クローズを判断しています。 10KΩ未満で1(クローズ)、10KΩ以上で0(オープン)になるように設定されています。レンジとしては、小数以下0固定です。 そのため、BFD32で取り込まれたDI入力データを、ビュアーソフトで統計演...
DAではスタイル8からできるようになっています。 設定コマンド: VS 制御実行コマンド: VD DR、DCではできません。 DAQ32、DAQ32 Plusでは、出力リレーの設定のみできますが、実際にリレーをコマンドで動作させることはできません。 In Touch for DARWIN 2000では、リレー動作の制御をパソコンからもできます。 ...
原則として、前システムから変更のないモジュールについては初期化されません。 ただ、以下の場合、初期化されます。 型名/スタイルナンバーの異なったモジュールと差し替えられたスロット モジュールを取り外したスロット 追加装着されたスロット 初期化により演算、差演算、アラーム出力などの設定内容に不整合が生じ、トラブルの元になる可能性があるので注意してください。また、プロジェクトでセーブする場合も同様の注意が必要です。   ...
RS232C通信モジュールでは、通信モジュール前面のディップスイッチで通信時のパラメータを設定します。DAQ32の「環境・診断・校正」の画面に表示される、ディップスイッチの画像と、通信モジュールのディップスイッチの設定が同じになっているか確認してください。また、ディップスイッチの設定を変更した後は記録計本体を再起動してください。 ケーブルの結線・COMポート番号も確認してください。 ...
0.5秒モデルの場合、2.5秒(0.5秒スキャンでは、温度測定、バーンアウトなどを処理するための時間が短すぎるため5サイクルごとに測定)ごとに、RJCのための温度測定をしています。 2.0秒モデルの場合、サンプリング周期ごとに、RJCのための温度測定をしています。 ...
電圧測定の場合、レンジ+レンジスパンの5%を超えると、レンジオーバ(±32767が出力される)になります。温度レンジの場合は、測定範囲+10℃が上限になります。 例) ±50Vレンジ(スパン-50~+50)の場合50V+100V×0.05=55V 55Vで上限レンジオーバになります。 ...
Windows XPに対応していますか?
(ns-faq-darwin-8017-spec-ja)
R10.03以降は、Windows XPに対応しています。
DARWINシリーズ Ethernet モジュール(形名仕様コードDT300-41)・DARWINシリーズ スタンドアロンタイプEthernet 通信オプション付(仕様コード: /C7)のうち2007年6月以前に出荷された製品は、Windows 7もしくはWindows Vista上のDAQ32 (DP120),DAQWORX DAQ32Plus (WX102)からIPアドレスを変更できません。対処方法は以下のとおりです。 方法 1) Windows XP 上の DAQ32 または DAQ...
可能です。IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを本体に設定してください。
測定端子回路にバーンアウト電流4.2μAの電流を流して発生する電圧を、60mVレンジで測って判断しています。 42mV(10kΩ)以上で0(オープン)、42mV(10kΩ)未満で1(クローズ) になります。 ...

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ