光FAバス2モジュール

F3LR02-0N

このモジュールは、多分散配置を必要とするシステムを構築するためのインタフェースモジュールです。
メインユニットとサブユニットに光FAバス2モジュールを実装し、光FAバス(光ファイバケーブル)で接続することにより、効率的なリモートI/Oシステムが構築できます。

特長

  • 高速10Mbps通信なので、ラダーでのI/Oリフレッシュ時間を気にする必要がありません。
  • サブユニットにはすべての入出力モジュールと、一部を除く特殊モジュールが実装でき、モジュールへのアクセスも、メインユニットのモジュールへのアクセスと同様に行えます。
  • 通信特有のコンフィギュレーション(環境設定)は、必要ありません。
  • 光伝送ですので、ノイズの影響を受けません。
  • 1つのサブユニットを最大8局に分割配置できます。
  • 送受信2ポートなので、デイジチェーン方式のシステム構成が可能です。
  • ループ方式ではシステムの断線時に2組のデイジチェーン方式に切換り、信頼性が向上します。

仕様

  F3LR02-0N
通信速度 10Mbps
伝送媒体 2心光ファイバ
(ハードプラスチッククラッド石英光ファイバH-PCF)
伝送距離 最大局間延長 500m
最大総延長 1.4km(局数3局時)
伝送形態 スター構成/デイジチェーン構成/ループ構成
最大子局数 56局
最大系統数 7系統(注)
1系統あたりの最大子局数 32局
1系統あたりの最大延長距離 1.4km(3局)
最大局間距離 500m
RAS機能 伝送路異常によるI/O接点の出力遮断機能、伝送路による異常箇所通知機能
消費電流 460mA
外形寸法 28.9(W)×100(H)×83.2(D)mm*1
質量 120g

*1:突起部を除く
*注:μバス親局モジュールと併用する場合、最大系統数はμバス親局モジュール1モジュールあたり1系統減ります。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ