横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

Enerize E3の効果とメリット

お客様から寄せられたEnerize E3の効果とメリットについて、よくある質問をご紹介いたします。課題解決にご活用下さい。


Q1:「Enerize E3」は、エネルギー管理システムとしてどのような特長があるのですか?

A1:「Enerize E3」を導入することで以下のような業務を支援します。 生産情報とエネルギー情報の統合を簡単操作によって、様々な視点でデータを見える化し、エネルギーKPIを設定します。そこからドリルダウン等によりデータ解析を行い、改善ポイントと原因を明確にしてエネルギー効率の最適操業を支援します。 従って、単なる見える化だけではなく、データを情報へと変換して工場操業を改善していくことを目的としている点が特長です。


Q2:エネルギーKPIとはどういうもので、何故必要なのでしょうか?

A2: エネルギー効率の最適操業を実現するためには、適切な指標による基準値管理を通して、改善ポイントを見つけ出す必要があります。 エネルギーKPI [Key Performance Indicator] とは、改善ポイントを見つけ出すために必要となる省エネルギーと強い相関を表す指標と基準値のことであり、設備運転や操業の目標です。


Q3:PIMSで管理する場合とはどのような違いがあるのですか?

A3:工場におけるエネルギー情報と生産情報、更には組織情報などをマッチングさせて演算するロジックは非常に複雑です。 PIMSやエクセルなどでは、このロジックを手作業で計算式を定義しなければなりませんが、「Enerize E3」では、簡単なGUI操作によって自動生成することができます。


関連製品&ソリューション

工場エネルギー操業支援システム Enerize E3

エネルギー情報と生産情報を統合して、生産工程上での省エネを支援します。

省エネソリューション

様々な要求にこたえるソリューションをご用意し、ムダの気づきから、改善・省エネを支援していきます。

トップ