横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

Enerize E3の導入

お客様から寄せられたEnerize E3の導入について、よくある質問をご紹介いたします。課題解決にご活用下さい。


Q1:生産モデルは、全生産業務ではなく一部分のみの設定でも可能ですか?

A1:可能です。
省エネ対策の可能性の大きいラインや、消費エネルギー量の多いラインを初期ターゲットにして開始することをお勧めします。生産情報は、MES等からの情報、シーケンサーからの情報、または手入力することなどでも設定可能です。


Q2:「Enerize E3」を導入する際にセンサーの設置は必須ですか?

A2:センサーは費用対効果の高い箇所から設置するような段階的導入を提案します。
センサーを多く設置してより多くのデータを検出することが目的ではなく、省エネをすべき箇所に設置し、その省エネ対策と共に段階的に拡大していくことが大切です。
そのため「Enerize E3」の運用を通して、必要に応じてセンサーを少しずつ計画的に追加することをお勧めします。「Enerize E3」は、頻繁な変更に柔軟な対応ができます。


関連製品&ソリューション

工場エネルギー操業支援システム Enerize E3

エネルギー情報と生産情報を統合して、生産工程上での省エネを支援します。

省エネソリューション

様々な要求にこたえるソリューションをご用意し、ムダの気づきから、改善・省エネを支援していきます。

トップ