横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

高度制御システムによるCHO細胞培養におけるグルコース濃度の自動制御

バイオ医薬品生産の培養プロセスを安定かつ効率的に運転するソリューションとして、細胞の基本栄養源であるグルコース濃度を制御する、高度制御システムを開発中です。
本システムは独自の数理予測モデルを持ち、近赤外(NIR)分光分析技術によるグルコース濃度・乳酸濃度のインライン測定値とキャパシタンス測定による生細胞密度(VCD)のインライン測定値を入力値とし、細胞の比速度の推定や将来のグルコース濃度消費量を推定し、グルコースを適切な濃度に自動で制御する機能を持ちます。従来のサンプリングにより間欠的にグルコースを投与する培養に比べ、バッチ間の再現性の向上とともに、細胞株にとって最適なグルコース濃度設定値を見出すことで、生産性や品質の向上が期待できます。
本アプリケーションノートではCHO細胞培養における、グルコース濃度を高精度で一定値に制御した結果をご紹介します。

※本製品は開発中です。

関連製品&ソリューション

ライフイノベーション

計測・制御・情報・ライフサイエンス分野で貢献してきた実績で、基礎研究から物流・サービスまでのバリューチェーン全体での生産性革命を実現し、人々の安全で豊かな生活を支えます。

トップ