DT450G 微粉炭吹込み施設におけるバグフィルタの破損検知-破損フィルタを特定し、大気汚染防止にすばやく対処

概要

製鉄工場の微粉炭吹込み施設では、バグフィルタで微粉炭と熱風とを分けて熱風だけを大気に放出していますが、フィルタが破損すると微粉炭も大気に放出されてしまいます。微粉炭ダストの排出は大気汚染防止のうえでも好ましくないことであり、フィルタの破損をいち早く知ることが必要です。
フィルタの破損検知に「DT450Gダストモニタ」が採用され、十分な効果をあげているとともに設置が容易で保守工数がかからないことなどでも好評を得ています。

 

お客様の期待

  • バグフィルタの破損に、迅速に対応したい
  • 保守を少なくしランニングコストを削減したい
  • 設備更新のイニシャルコストはミニマムに抑えたい

 

プロセス概略

微粉炭吹込み設備(PCI)は、石炭を粉砕して高炉の燃料となる微粉炭(PC)を製造し、そのPCを気体輸送して高炉の羽口部から吹き込むまでの設備です。
ミル(粉砕機)で粉砕して作られたPCは乾燥のために熱風で貯蔵タンク(R/T)に運ばれますが、熱風はバグフィルタから大気に放出されます。フィルタ破損の検知は、大気放出塔のダスト量を測定(フィルタが破損するとダスト量が増大)することによって行われます。

微粉炭吹込み設備フロー

YOKOGAWAのソリューション

測定システム

  • DT450G-5-5-05-1-A-J- □ -A/ □

ユーティリティ

  • 電源:
    100 ~ 120V AC または 200 ~ 240V AC,50/60 Hz
  • 消費電力:約 3 VA
  • パージ用空気:清浄で乾燥した空気(計装用空気)
    空気圧:プロセス圧+ 50 kPa 以上(連続パージ)
    消費量:約 50 Nl/min

DT450G ダストモニタ
DT450G ダストモニタ

 

フィールドデータ

1.プロセス条件

測定点:逆洗式バグフィルタ設備の大気放出塔
ダスト量:フィルタ破損時 >6 g/Nm3
ダストの粒子径:20 μ m
排ガスの流速:17 m/s
排ガスの温度:80 ~ 100 ℃
排ガス中の水分量:2 vol%

2.バグフィルタ(逆洗式)の運転条件

  • 逆洗は、各室(フィルタ:7枚×3段)に実施
  • 逆洗の周期は、10~15分
  • フィルタが破損した場合、室の全数を 交換

逆洗式バグフィルタ設備におけるガスの流れ

逆洗式バグフィルタ設備におけるガスの流れ

3.測定(フィールドテスト)結果

  • データから正常時とフィルタ破損時が識別できた。
  • 逆洗時のデータから、どの室のフィルタが破損しているか特定できた。
  • 無保守で2か月を超える連続測定ができた。

ダスト量の記録例

業種

トップ