DT450G コークス炉の炉壁損傷検知-煙道のダスト量を測定し、補修の必要性を把握

概要

コークス炉燃焼室の炉壁に使用されている耐火煉瓦に亀裂が入ると、その亀裂から漏れ出す燃焼排ガスによって煙道でのダスト量が増加します。したがって、煙道のダスト量を連続測定すれば炉壁の破損を速やかに知ることができ、炉の老朽度もより的確に把握することが可能です。また、大気に排出されるダスト量の規制にも役立ちます。
ダスト量の測定には、設置が簡単で少ない保守頻度で運転ができる「DT450Gダストモニタ」が最適です。

 

お客様の期待

  • 危険を予知し安定した操業をしたい
  • 耐火煉瓦の亀裂をすばやく検知したい
  • 設備更新のイニシャルコストはミニマムに抑えたい

 

プロセス概略

燃焼室の燃焼排ガスは、蓄熱室を通ってコークス炉の左右に設置された小煙道に排出されます。小煙道の排ガスは中煙道で合流して、煙突から大気に放出されます。
ダスト量の測定点は、中煙道(下図参照)とします。測定点付近の排ガス温度は、最も高い場合で 220 ~ 230℃です。なお、中煙道内面にはレンガが張られているため、使用するダストモニタのプローブ部長さは 1 m 以上であることが必要です。

コークス炉の概略フローとダストの測定点

 

YOKOGAWAのソリューション

測定システム

DT450G/Z(Z:プローブ部の長さ特殊)

  • 煙道の壁は厚みがある(耐火煉瓦が張られている)ため、センサ(プローブ)部は 1000 mm以上の長さが必要です。
  • センサが長くなり曲がりやすくなるので、保護管を用いて強度を補うようにします。
  • ダスト付着による絶縁性劣化防止のため、連続パージを施します。

小煙通

DT450G ダストモニタ

DT450G ダストモニタ

ユーティリティ

  • 電源:
    100 ~ 120V AC または 200 ~ 240V AC,50/60 Hz
  • 消費電力:約 3 VA
  • パージ用空気:清浄で乾燥した空気(計装用空気)
    空気圧:プロセス圧+ 50 kPa 以上(連続パージ)
    消費量:約 50 Nl/min

 

結論

燃焼室の炉壁が正常な状態における測定結果と炉壁に燃焼排ガスが漏洩する亀裂が生じた場合の測定結果を、イメージ図で示します。

燃焼室の炉壁が正常な状態における測定結果と炉壁に燃焼排ガスが漏洩する亀裂が生じた場合の測定結果

業種

関連製品&ソリューション

ダストモニタ DT450G

大気汚染防止のために大気に放出する前に排ガス処理装置で分離・除去されるダストを、摩擦静電気方式で測定します。センサと変換器の一体構造で設置が容易です。プロセス条件に合わせワンタッチで測定レンジを設定、長期間無保守で運転が可能です。バグフィルタの破損検知や電気集塵機の効率チェックに使用されています。

ダストモニタ

摩擦電気方式でダストを測定。センサと変換器の一体構造で設置が容易、測定レンジもワンタッチで設定、長期間無保守で運転が可能です。バグフィルタの破損検知や電気集塵機の効率チェック等で使用されています。

トップ