リスクマネジメント

YOKOGAWAグループは、各組織において企業価値に影響をあたえる不確実性をコントロールするためのリスク管理体制、および経営に重大な影響を及ぼす事象が発生した場合、速やかに対応するための危機管理体制を整えています。

リスク管理体制

グループの企業価値に影響をあたえる不確実性をリスクと定義し、事業機会とコンプライアンス・危機事象の観点から分類、管理しています。

リスク管理体制図
リスク管理体制

グループにおける効果的なリスク管理を実現するため、リスク管理の統括責任を持つ代表取締役社長を委員長とするリスク管理委員会を設置しています。リスク管理委員会は、グループとして重点的に管理すべき重大なリスク(重点管理リスク)を選定し、定期的に活動の進捗を確認しています。

グループの各組織は、自律的なリスク管理活動の一環としてリスクを洗い出し、評価するとともに、対応策を立案、実行しています。また、各組織にリスク管理責任者を設置し、グループ・グローバルのリスク管理のためのネットワークを確立しています。

リスクの評価においては、外部環境や戦略などの「事業機会のリスク」と、品質、環境、安全衛生、労務、企業倫理(横領、粉飾、データ改ざん、贈収賄、ハラスメント他)、危機管理などの「コンプライアンス・危機事象のリスク」の重大度を、影響度および発生可能性の面から評価しています。影響度を評価する際は、財務的・人的側面のほか、社会・環境面での影響も考慮しています。

内部監査担当部署は、グループのリスク管理プロセスの有効性を評価し、重要な事項は取締役会及び監査役に報告しています。

情報のエスカレーション

YOKOGAWAグループは、経営に深刻な影響を及ぼす恐れがあり、また社員の生命が危ぶまれる重大災害、事故、事件などが発生した場合に、被害を最小限にとどめるためには迅速な初動対応と経営トップへの報告が重要と考えています。

そのために「YOKOGAWAグループ重大災害・事故・事件の報告に関するガイド」を定め、グループ全社員に周知徹底しています。これには「報告すべきこと」「報告ルート」「報告手段」など詳細が定められています。また毎年このガイドを見直し、情報のエスカレーションの強化を図っています。

事業継続管理(BCM)活動

BCP訓練の様子
BCP訓練の様子

当社の主たる事業である制御事業は、電気・ガス・上下水道などの社会インフラに深くかかわっています。災害発生時にも事業活動を継続し、社会インフラの維持や復旧にできる限り迅速に対応・貢献することを目的として、YOKOGAWAグループ事業継続計画(BCP)を策定しています。

発生が懸念されている大規模地震や感染症の流行など、グループ経営に重大な影響をもたらすリスクを想定した対応計画や行動ガイドラインを作り、グループ各社と連携しながら内容の拡充に取り組んできました。さらに、策定したBCPの有効性を高めるために、経営層をはじめ危機管理組織のメンバーによる訓練を定期的に実施して課題を抽出し、BCPの継続的な改善を図る事業継続管理(BCM)活動を進めています。また、社員の安否を迅速に確認するためのシステムを導入し、訓練を定期的に行って習熟度を高め、有事に備えています。これらの活動は、2016年に相次いで発生した熊本地震や鳥取県中部地震などの際の迅速な初動対応に活かされました。

当社は、今後もBCPの内容を継続して見直し、災害リスクへ対応していきます。

海外で働く社員を危機から守るために

訓練の様子
訓練の様子

グローバルで活躍する社員を危機(テロ、暴動、誘拐、一般犯罪等)から守るために、世界各地のリスクに関わる情報を適宜収集し、該当するエリアで働く社員に対してダイレクトにアラート情報を届けています。全社員向けには、日常的にビジネスで関わりのある地域の情況について理解しておくことが重要だと考え、定期的に海外安全ニュースを配信しています。また自分の身の安全を確保するための、海外テロ対策訓練の実施や知識習得のためのセミナー開催などを行っています。

今後も社員の安全を守るために、日々、様々な施策の検討・改善を進めていきます。

トップ