ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

スピニングディスク共焦点

共焦点顕微鏡の原理

 
一般の光学顕微鏡では、視野全面を同時に照明、観察するために、焦点外で発生する光や散乱した光が所謂ボケとして重畳し、画像の鮮鋭さを損ないます。これに対して共焦点顕微鏡は、ピンポイントで1点を照明し、その1点からだけの光を選択的に検出し、その点をスキャンすることで鮮鋭な画像を得ることができます。
共焦点顕微鏡は、対物レンズの像面(共焦点)に点光源とピンホールを配置し、スキャン機構を持つことを特徴とします。点光源として通常レーザを使用し、その光は対物レンズで縮小され焦点面の極小な1点を照明します。この1点で発生した蛍光は逆経路を経て、ダイクロイックミラー(DM)でレーザ光と分離され、共焦点位置に集光してピンホールを通過し受光素子で検出されます。焦点外で発生する光は共焦点位置では集光できずピンホールで遮られるため、焦点からの光のみを選択的に検出することになります。このままでは点情報なので、ガルバノミラーなどで面内をスキャンし、その位置情報と受光素子の検出光量から2次元画像を形成します。さらに焦点を変えた2次元画像を取得し、それらを重ねて3次元画像を構築することもできます。
 
共焦点顕微鏡原理
   
お問い合わせ カタログダウンロード

ページのトップへ

TOP