ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

ProSafe-RS R4 リリース情報

R4.03.10機能UP概要


安全度水準SIL2に対応した無線ガス検知システムを、システムのコンサルティングおよびエンジニアリングを含めお客様にトータルで提供します。ガス検知システムは、検知器の設置環境や気象条件の影響を受けやすく、システム導入後も検知器の設置場所や検知器の数を変更して最適な配置にする必要があることから、無線技術を導入することで、配線を気にせずに検知器の設置場所や数を容易に変更できるようになります。
(2017年9月発売開始)

安全計装システム ProSafe-RS、
フィールド無線用アクセスポイントYFGW510

システム構成図

R4.03.00機能UP概要

防消火システム(FGS)としての導入・運用の効率化

  • 煙/熱検知器を再起動する機能をIOモジュールに内蔵して、再起動用の周辺機器と回路を不要にしました。
  • ガス/炎/煙/熱検知器を監視制御する、標準のソフトウエア機能ブロックとHMI部品を追加して、最適なエンジニアリングと運転を支援します。

お客様ニーズに応じた最適なパフォーマンスとコストの提供

  • 制御ネットワークVnet/IP の接続形態としてリング型を追加して、広域分散システムにおけるケーブル長削減などを実現します。
  • 信号種類をソフトウエア設定可能なスマートI/O「N-IO」のラインナップに、デジタル信号の入力と出力のみに対応するIOモジュールを追加し、デジタル信号比率の高い安全計装システムのコスト削減を支援します。

サイバーセキュリティの向上と容易な管理の提供

  • ProSafe-RSのエンジニアリングステーションのセキュリティ機能を強化しました。
  • 複数の操作監視用PCのセキュリティ設定を、一括して設定できるようになり、管理コストの低減に貢献します。

最新OS対応

  • ProSafe-RSのエンジニアリングステーションがWindows10に対応しました。

link to Press release page プレスリリース

R4.02機能UP概要

安全ライフサイクル管理支援機能

機能安全管理支援機能は、IEC 61511が求める機能安全管理の支援と、安全計装システムアプリケーションの見える化を、プラントライフサイクルに渡って提供します。これにより、予期しないプラント事故のリスクを低減します。

link to Press release page プレスリリース

R4.01機能UP概要

N-IO (Network I/O)

従来の信号種別I/Oモジュール(FIO)タイプに加え、チャンネル毎に信号種別が選べるN-IOタイプを新たにラインナップしました。

同一コントローラ内でFIOとN-IOの混在使用が可能なため、お客様のプラント設計要求に、より柔軟にお応えすることができるようになります。
入出力カードのページへ 入出力カードのページへ

FieldMate Validator

コントローラやエンジニアリングステーションを使わずに、N-IOと本ソフトウェアのみで、現場でフィールド機器の設定およびループチェックを実現します。本機能はFieldMateのオプションであり、2015年12月上旬発売予定です。

エンジニアリングのページへ エンジニアリングのページへ

オートメーションデザインスイート (ADスイート)

CENTUM VPとの統合エンジニアリング環境を実現します。変更管理機能など、プラントライフサイクルを通して、エンジニアリング品質と効率を向上するソリューションを提供します。

エンジニアリングのページへ エンジニアリングのページへ

ページのトップへ

TOP