ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

横河ソリューションサービス株式会社

ASTPLANNER

用途に応じて自由にシステムを構成できます

システム構成

ASTPLANNERは基本ソフトウェア・オプションソフトウェアから、必要な機能だけを組み合わせて購入できます(製品パックも用意しています)。

基本ソフトウェア

名称 説明
基本ソフトウェアライセンス ASTPLANNER 基本ソフトウェアライセンス

オプションソフトウェア

名称 説明
GUI Extension GUI機能を拡張するパッケージです。 XML文書としての作業指示書の発行、作業の詳細や工程のつながりをグラフィカルに表示する作業ビューア、作業時間などの統計情報をチャート表示する評価チャートなどを提供します。
Viewerパッケージ ASTPLANNERのスケジューリング結果を閲覧するための表示専用のパッケージです。各種のガントチャートによりスケジューリングデータの表示ができます。リスケジューリングやGUI上での作業編集はできません。
GPパッケージ XMLベースでスケジューリングルールを柔軟に記述することができる高機能スケジューリングロジックエンジンです。ボトルネック中心の作業割付や補充生産など、高度な作業計画が立案できます。
Webビューアパッケージ Internet Explorerで、ガントチャートを表示するためのパッケージです。同時クライアント数として、5クライアント、10クライアント、20クライアント、50クライアントおよび無制限版を用意しています。PSLXプラットフォーム対応版も用意しています。
エディタパッケージ 計画マスターデータの編集を、効率的に行うためのGPパッケージ専用のオプション機能です。工程のグラフィカルな定義、ドラッグ&ドロップによる直感的な操作で、導入や運用におけるデータ編集作業を軽減します。
GP上級オプション タンクや釜のような資源で有効な資源占有制約や条件に基づいたメンテナンス作業の割付など高度なスケジューリング制約を実現します。ユニット単位の販売になります。構成はユニット数の範囲で自由に変更が可能です。
ネットワークライセンス
対応機能
ネットワーク越しにライセンス認証を行います。複数のPCでASTPLANNERを使用することができます(同時ユーザ数ライセンス)。
ターミナルサービス
対応機能
サーバーにインストールされているASTPLANNERを、リモートデスクトップなどを用いてネットワーク経由で使用することができます(同時ユーザ数ライセンス)。
コミュニケーター スケジューラの仕組みと情報を、複数の担当者が連携してリアルタイムに利用するためのサーバー対応製品です。
EDIF EDIF(External Data InterFace)は、周辺システム(MESやERP等)のデータとASTPLANNER のデータを容易に連携させることができます。付属のマッピングツールを使用することで周辺システムのデータとASTPLANNER のデータを直接対応付けすることができます。
Analyzer ASTPLANNER上で、スケジューリングデータから評価データを作成します。評価データからグラフを作成、表示する機能です。

製品パック

名称 説明
GP Standard Pack 基本ソフトウェアライセンス、GUI Extension、GPパッケージ、エディタパッケージがセットになった製品です。
GP Advanced Pack 基本ソフトウェアライセンス、GUI Extension、GPパッケージ、エディタパッケージ、GP上級オプション(MAX3)、EDIFまたはAnalyzerのどちらか1つがセットになった製品です(EDIFかAnalyzerのどちらか1つ選択できます)。
GP Complete Pack 基本ソフトウェアライセンス、GUI Extension、GPパッケージ、エディタパッケージ、GP上級オプション(無制限)、EDIF、Analyzerがセットになった製品です。

動作環境

項目 仕様
CPU (*1) 下記OSの推奨動作環境に準ずる
メモリ (*1) 下記OSの推奨メモリ + 512MB以上
ハードディスク (*1) 空き容量1GB以上
カラー表示 65536色以上
モニタ解像度 1024 x 768以上(1280 x 1024以上を推奨)
CD-ROMドライブ インストール時に使用(下記OSで動作するもの)
USBポート IDモジュール装着用(下記OSで動作するもの)
OS (*2) Windows 10 Current Branch for Business(CBB)(*3)
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 7 SP1
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2008 R2
ブラウザ Microsoft Internet Explorer 11および一般仕様書(GS)に記載のあるもの
ORACLE Java SE Runtime Environment 8以降(Webビューアパッケージ使用時)
その他 Microsoft .NET Framework 3.5.1と
Microsoft .NET Framework 4.0以降
Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
Microsoft Office Excel 2007以降(付属のデータメンテナンスツール(*4)またはExcelファイルを出力する機能を使用する場合)
*1: 運用するデータに依存します。数値は目安です。
*2: 記載しているOSのService Packについては、逐次最新のパッチに対応するよう準備を進めておりますが、パッチの内容およびMicrosoft社の公開タイミングによっては対応できない場合があります。
また、記載しているOSは、Microsoft 社のサポートが終了した時、弊社の取扱いも終了いたします。
Home Edition相当のエディションではご利用になれません。
*3: Current Branch(CB) 、Long Term Servicing Branch(LTSB)でご利用される場合は、担当営業までお問い合わせください。
*4: データメンテナンスツールは、基本ソフトウェアおよびGPパッケージに含まれています。

TOP