ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

横河ソリューションサービス株式会社

エネマネ事業

平成29年度 省エネルギー投資促進に向けた支援補助事業のうち「エネルギー使用合理化等事業者支援補助事業」

エネマネ事業は
YOKOGAWA にご相談ください

横河ソリューションサービスは、計測・制御・情報の技術によるエネルギーマネージメントシステムを核に、 製造業における省エネルギーノウハウを生かしたコンサルティングサービスを提供し、産業界の省エネルギーに貢献しています。今回の「エネマネ事業者*1」の採択を機に、FEMS (Factory Energy Management System) 導入により、より一層の効率的・効果的な省エネルギーを実現し、経産省が示している、2030 年までに最終エネルギー消費で 5,030 万キロリットル程度の省エネルギーの実現 (2013年度比) にも寄与してまいります。

制度概要

経産省の省エネ補助事業、省エネルギー投資促進に向けた支援補助事業のうち「エネルギー使用合理化等事業者支援事業」は、省エネ設備導入による省エネ対策、または蓄電池、自家発電設備など電気需要平準化設備導入によるピーク対策を対象に設備投資金額の1/3を補助する制度です。エネマネ事業者と連携して取り組む場合は補助率が1/2になります。

  • 登録されたエネルギー管理システム (EMS) をお客様工場に設置する必要がある
  • エネマネ事業者とエネルギー管理支援サービス契約を締結する必要がある

省エネルギー投資促進に向けた支援補助事業のうち「エネルギー使用合理化等事業者支援補事業」の詳細

エネマネ事業の目的

エネマネ事業の目的は以下の通りです。

  1. EMS を補助事業者 (お客様工場) に導入し、EMS による制御で更なる省エネを実現する
  2. エネルギー管理支援サービスとして、エネマネ事業者が遠隔からお客様工場を監視し、デマンドレスポンスの対応を行う
  3. エネルギー管理支援サービスとして、エネマネ事業者のクラウドサーバーに蓄積した データを分析・解析することで、継続的な省エネアドバイスを行い、長期的な効果維持と削減を行う

横河ソリューションサービスの登録 EMS

統合生産制御システムCENTUM VP
工場エネルギー操業支援システムEnerizeE3
Supervisory SystemsFAST/TOOLS
プラント情報管理システムExaquantum
エネルギー管理システムInfoEnergy

*1 省エネ設備・システムや電力ピーク対策に寄与する設備・システムなどに対して、EMS を導入し、エネルギー管理支援サービスを通じて工場・事業場等の省エネルギー事業を支援する者として、一般社団法人 環境共創イニシアチブ (SII) に登録された者のこと

TOP